イタチ

効き目がないことも

日本人の大半の人が嫌いな黒い昆虫といえば、「黒い悪魔」ことゴキブリです。温かい気候の場所ならどこにでも生息が可能であり、温暖化が進む昨今では北海道にも侵食が始まっています。ゴキブリは繁殖力や環境適応力の高さ、何でも食べる雑食性などから最強の生命力を秘めています。太古の時代から生存しています。そのゴキブリですが、汚い場所に生息しているため、衛生的にかなり悪いでえす。見た目も残念で、動きが早く飛んでくることから女性を筆頭にかなり嫌われています。そのため、ゴキブリを退治する方法や専用のグッツが開発され、日夜人類VSゴキブリの戦いは行われています。ですが、実際に効果が不明なものもいくつかあるので、効かないとされている方法を知っておくと今後の対策も有利になるでしょう。

ゴキブリ対策として、電気をつけて明るくして寝るというのも効果がありません。夜行性のため、活動が遅い時間であることと、黒い身体は日光に弱いから隠れているだけでう。目の弱いゴキブリにとって蛍光灯の光くらいは問題がないのです。シンクなどの隙間を防ぐのも良い手段ではありません。ゴキブリは0.5センチ程の隙間があれば侵入することが可能なため、防ぐならば密封するこらい強力に防がなくてはなりません。また、テープの劣化や湿気などの要因で剥がれやすくなるのでこまめに変えることが必要になります。煙タイプのものも効果が怪しいです。一時的に撤退しますが、戻ってくることもありますし、卵がある場合には効果がありません。粘着シートも微妙です。ゴキブリがたまたま通りかかるのを待つしかないので、範囲が狭く運か感を頼るしかないのです。匂いで追い払うのも環境適応能力が高いゴキブリ相手だと慣れてしまうため微妙です。やはり効果的なのはホウ酸だんごなどの毒エサをバラまいて危険だということをしらしめるのが一番効果的なようです。

駆除の歴史と需要

ハクビシンは編みでの捕獲、銃殺、罠で捕獲などの方法で駆除することとなります。業者に依頼すると料金が発生しますが、長い歴史で得た知識やスキルでハクビシンを駆除してくれます。

習性を利用

ハクビシンは夜行性であり、ある一定の行動をするので、その習性を活かした方法での捕獲が効果的です。専門業者はその特性をうまく活用してハクビシンをしっかりと駆除します。

街にも現れる

ハクビシンは山岳地帯や田舎のみならず、都心部での目撃情報もでてきています。都心部では、ハクビシンの被害に合うことが少なっかため、対策を知らないことが多いので業者を頼りましょう。

外来種の襲来

ハクビシンはアジア地区に主に分布している生物です。屋根裏に住みつき、農作物を食べ荒らしたり、その糞害などが主な被害となります。外来種なので、本来の生態系を崩す恐れもある生物です。